エアコンダウン!

2010年09月02日

こんな残暑真っ最中なのに・・・

エアコンが壊れました...。

それもマルチタイプなので一気に3台不動。
数日前から兆候は有ったのですがもうすぐ秋だし、騙しだましで涼しくなってから修理と思ったのですが、さすが十数年モノ、騙されてくれませんでした・・・。

朝からネットで修理業者さんを探し、今後のお付き合いも考えて(来年には買い換えるつもりも有って)色々慎重にHPを考察してみましたが中々難しく唯一自分の嗅覚に引っ掛かった名古屋の業者さんに連絡。ところが診断だけで5日待ち・・・そりゃ今の時期そうだよね。

仕方なくあまり気が乗らない、いつでも駆けつけます的なチェーン系に聞いてみましたが、「マルチは直せません」・・・オイオイ!

結局、最初の5日待ちの業者さんが、電話の感じも凄くよかったのでお願いすることに。

とはいえ、とりあえずこの暑さをどうにかするべく考えた結果、まず衣類乾燥機用に使っている、除湿機のクーラー機能を使うことに。
窓を開けて除湿機を置いて熱風が出る後ろはドアを開けて、ウインドファン風にしてみましたが、うるさいし隙間だらけで外気が入るので全く冷えない。
そこで次の作戦は、現在物置部屋として使ってる部屋に15年以上前に買って昔使ってたエアコンが取り付けて有るので、それを動かしてみることに。
不安なことに、10年以上スイッチを入れたことがありませんので室外機の劣化した断熱材をウレタンで作り直し、室内機はフィルターはもちろん、出来るところは祈る思いで掃除。
そしてそして・・・緊張の起動!と思ったらリモコンが無ぁ〜い!

そこで取説を読むと、本体に緊急起動ボタンがあるそうで、それをとりあえずスイッチON!

▼15年モノのMITSUBISHI製
未塗装部分が色あせてますが形は細身のロングといま見てもスタイリッシュだなぁ。



なんということでしょう! 何もなかったかのようにスムーズに動き出し心地良い冷風降り注ぎます・・・・えらいぞMITSUBISHI!
(その後リモコンはクローゼットで見つかりました)

とりあえず全開でその部屋を冷やし、ドアを開けて生活の中心であるリビングまで扇風機3台の空気バトンで冷風を導くというアナログ作戦を敢行!
要所要所にデジタル温湿度計を置いてそれらの数値を参考に、扇風機の風量に風向そして整流板になる物を置いたりとと、変にデジタルチックなところもアリ・・・(笑)
お昼の一番熱い時で、リビングは32℃、湿度20%と温度は高いですが、「湿度が低いので動かなければ何とかしのげた」とは同居人の言葉。

とりあえず週末までこの体制で・・・と思っていたところ、業者さんから夕方来てくれるとの吉報。(直感通りナイスな業者さん♡)

夕方帰るとほぼ同時に業者さんもみえられ早速室外機をバラシ診断。




ところが・・・吉報の後の悪夢......。
なんと心臓部であるコンプレッサーの交換とその他いろいろで新品エアコンが2台ほど変えてしまう価格になりそう、という宣告!

個人的にこのタイミングでは大変買い替えしづらい事情もあって・・・あと半年持ってくれたらすんなり買いましたのになぜ?と天を仰ぐも為す術なし。

色々対応を業者さんと3時間近くも考えましたが・・・・自分として今できるのは、エアコンの効く部屋に寝るところを持って行く事だと確信し、夜から部屋丸ごと大移動することに。
幸い物置部屋の物は先日かなりすっきりさせていたので、スペース確保はスムーズでしたが、床とかは全面拭き掃除が必要なレベルですし、ベットとかも簡単に移動できないタイプ。
コツコツ暑さにも耐えどうにか形になったのが夜中の1時過ぎ。




さて今後どうしようかと考えながら、こんな遅くに疲れすぎて起きてるわけですが・・・実はこの移動してきた物置部屋、物さえ出せば今のリビングより広いしTVなどの配線も有り。PCは私の場合無線ですので、リビング機能も意外と簡単に持ってこれるような気も・・・。

ただキッチン関係だけはどうしようもないので・・・スポットクーラーでもどうだろう?(後で色々使えるし)そんなブロークンな発想でもしないと乗り切れないですね。
でも、暑さ的にはまだ9月に壊れてくれたのが不幸中の幸いとも言えますし、前向きな発想で愉しんでやる!・・・つもりです?(笑)



同じカテゴリー(トピック)の記事画像
テレカ
歯科検診
キッズアート
出産祝い
風神様
調光器・・・完成
同じカテゴリー(トピック)の記事
 テレカ (2012-07-02 19:06)
 歯科検診 (2012-05-24 20:44)
 キッズアート (2012-05-16 20:55)
 出産祝い (2012-04-28 23:22)
 風神様 (2010-09-08 00:41)
 調光器・・・完成 (2010-08-26 22:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。